自宅に無線LANを置くのに必要な物事

subpage01

自宅に無線LANを置くためには、三つの物事が必要です。



第一にプロバイダと契約しなければなりません。
インターネットプロバイダとは、ネット回線のサービスを市民向けに提供する会社です。
大手企業から地元密着型のマイナーな物まで多種多様です。



家電量販店の店頭などでも契約出来ますし、会社に電話をしたり、スマートフォンで問い合わせる事で契約の相談が出来ます。次に必要なのが無線LAN用のモバイルルーターです。


こちらは家電量販店やネット通販店で販売されています。
一般的な家庭であれば、特に高級品を買う必要はありません。
大手メーカーのリーズナブルな製品でも十分であり、安価な製品でも今なら複数台の端末が同時に無線LANに自宅で接続可能です。


そして最後の必要な物ですが、インターネットを使うためにモデムという専用の機器が必要です。

自前で用意するというよりも、これについてはプロバイダから一時的にレンタルする物となります。



レンタル品なので借りた後は大事に使いましょう。

毎日稼働させる製品なので、モデムやルーターの調子が悪くなった時はメーカーやプロバイダのスタッフに相談すべきです。
自宅に無線LANがあると色々な作業が捗ります。

ネット検索がお得な料金で出来ます。
重たい動画をダウンロードしても平気です。


ゲーム機をオンライン化させる事で、遠方の友達とも協力プレイが出来ますし、海外の友達とHD画質でビデオチャットをしても通信費は安価になります。