自宅に自分専用の無線LANを設ける意義

subpage01

自宅に無線LANがあると、時間帯に関わらず何時でもネット環境が得られます。
無線LANを設置する事で、言わば自宅専用のWi-Fiスポットが構築でき、フリースポットとは違いpasswordでしっかりとガードされるため、家族以外の人物が使う事は出来ません。
無線LANルーターの電波は自宅周辺で誰でも拾えますが、実際にスマートフォンやタブレットを他人の家のルーターに繋ごうとすれば、passwordを入れるセキュリティ画面が表示されます。


要するにルーター本体などに明記されたランダムな記号が、他人に知られない限り、自宅の無線LANにタダ乗りされる事はありません。



スマートフォンやタブレットをキャリア契約で利用している方は、自宅に無線LANが無くてもネット利用自体は何時でも可能です。

しかしキャリア回線は通信速度が遅く、また不安定な事が多いです。
快適にSNSが閲覧出来なかったり、動画視聴の時に度々ロードが差し込まれたり、大きいサイズのファイルをアップロードするのが大変だったりします。



自分専用のワイヤレスルーターなら速度と品質の両方が高水準です。外出先では普段通り大手キャリアの回線を使う必要がありますが、帰宅した後は自分で購入したルーターの方に繋ぎ変える事で、より満足が行くネットサーフィンが味わえます。



切り替える方法も簡単であり、一度設定を施せば次回からは基本的に自動的に切り替わります。

場合によっては通信費も大幅に節約出来ます。