自宅に無線LAN環境を構築する方法

subpage01

自宅に無線LAN環境を構築するために無線LANルーターと無線LANアンテナを内蔵しているパソコンやタブレットPCやスマートフォンを用意しなければなりません。

ルーターやアンテナやパソコンなどの情報端末は家電量販店に行けば、購入さえすればいつでも使用を開始することができます。


しかし、自宅にインターネット回線が引き込まれていなければ無線LAN環境は完成することはありません。
自宅に引き込むインターネット回線は、光回線などのように工事が必要になる物から携帯キャリアなどが販売しているホームルーターのように購入して電源を入れるだけでその日から使うことができる物まで様々が種類があります。


工事が必要な光回線は、電話会社や電力会社などが販売している回線から携帯キャリアが販売している回線までバラエティにとんだ内容になります。特に携帯キャリアが販売している回線についてはスマートフォンも同時に利用すれば料金の値引きが発生することをサービスにしています。



しかし、不意に解約した場合は莫大な違約金を請求されるケースがあるので注意すべきです。



対して携帯キャリアが販売しているホームルーターは電源につないだらその場で使用できます。


電源を入れるだけで使えることが最大のメリットになります。



ただ、3日間に一定のデータ量を超えると速度制限がかかる可能性があります。

また、ホームルーターはモードによっては対応できるデータ量に差があるので使用する前によく確認しないと快適なネット環境を失うことになります。