無線LANの安い利用方法とは?

subpage01

インターネット環境を整えるには無線LAN方式や固定回線方式などの方法があります。


固定回線を工事して契約する事や、無線のモバイルルーターを使用する事が一般的です。無線LAN自体の料金は工事費が必要なくネット環境を構築できますので、有線に比べて安いとされています。



さらに無線のモバイルルーターの契約をせずに利用する事が可能な、レンタルwifiを利用するという場合は状況によっては便利に安い利用できます。

レンタルのwifiは海外や国内の旅行の時などに活用され、固定回線の工事がまだ決まっていない段階の間にレンタルするなどの使い方があります。

レンタルの無線LAN機器は国内の場合の料金では、ソフトバンクの4GLTEエリアに対応した利用可能データ量が無制限の新製品機種が1ヶ月あたり5480円の物や、ドコモでの対応機種はエリアに対応した物で、利用可能データ量が12Gの機器が3670円などがあります。



レンタルwifi安価な価格で利用出来る部分も注目されています。

一般的な利用法で多くあるのが自宅のインターネットの回線の代わりとしての無線LANの利用です。

コスト面では契約工事費も発生しませんので、利用者が増えている要因ともなっています。



無線LANの特徴を的確に理解して、活用する事で料金が安いネットの構築が出来るでしょう。
ポケットルーターを利用して海外でも利用することで、国内だけではなく海外でも利用の幅は大きく広がります。